MENU

相手はプロ!脱毛は慣れれば全然恥ずかしくない

脱毛サロンは恥ずかしい?

 

脱毛サロンは肌を見せる必要があるため、どうしても「恥ずかしい」と思ってなかなかカウンセリングへ行く勇気が出ないという方も多いですよね。特に背中やVIOなど、普段人に見せることがない部分の脱毛をお願いしたい時は「どんな風に施術するんだろう」「服はどこまで脱げばいいんだろう」と不安なことがたくさんあります。いくら同性と言ってもやっぱり恥ずかしいものは恥ずかしいですもんね。
まずは脱毛サロンの施術時の服装、施術の進め方から見ていきましょう!

 

施術時の服装

脱毛サロンの施術はサロン側で用意している専用のガウンに着替えて行います。プールの着替えに使うようなラップタオルを使うことが多いです。口の部分がゴムなのでサイズが気になる方も心配ありません。また、サロンによってはワキや足など服を脱がずに脱毛できる場合は着替えを行わず、上着を脱いだり裾をまくるだけでも施術してもらえます。ただ、脱毛で使うジェルが服に付いてしまうこともあるので、できるだけ着替える方がオススメです。
胸、お腹、背中、VIOの脱毛をしないなら、下着やキャミソールを脱ぐ必要はありません。脱毛部位だけ服を脱ぐ形になります。

 

VIO(ハイジニーナ)脱毛の場合

ほとんどの脱毛サロンでは、紙パンツが用意されています。ラップタオルやガウンに着替え、下着を脱いで紙パンツをはいて施術していきます。脱毛サロンによっては紙パンツの用意がない、あっても有料というケースがあるので、事前に確認しておきましょう。

 

施術の進め方

VIO以外の部分は、施術する部位だけタオルをまくってジェルの塗布→照射→冷却をして次の部位へと移っていきます。ワキは腕を上げてバンザイのポーズで行います。
VIOの施術はサロンによって多少違います。特に違いがあるのがOラインで、うつぶせになって足を開いて施術するサロンと、四つん這いで施術するサロンに分かれます。Iラインは仰向けで片足を立てて施術していきます。Vラインは仰向けで施術します。紙パンツを着用している場合、紙パンツをずらしながら行います。

 

やっぱり一番恥ずかしいのはVIO脱毛ですよね。ただ、相手は1日に何人もの施術をしている脱毛のプロ、淡々と作業を進めていくので恥ずかしいと思う暇もあまりありません。2〜3度通っているうちに慣れてくるので最初の1回が踏み出せれば後は大丈夫ですよ!また、ミュゼや銀座カラーなどの格安サロンだと手際よく短時間で終了するので、ほんの20分程度我慢すれば施術が終わります。
また、ここ数年はVIO脱毛が身だしなみの一つとしてブームになっていて、年代を問わず多くの女性がVIO脱毛をしています。どうしても恥ずかしいという方は、まずはお試しでVラインの脱毛をしてみてはどうでしょうか?